遺品整理サービスを利用する

大事な遺品を丁寧に扱ってくれる業者へ頼んでみませんか?サービス内容教えます。 - 遺品整理サービスを利用する

遺品整理サービスを利用する

近所の人などに「異臭がする」というようなクレームによって発見されるケースが多い孤独死…。
季節によって異なるが、死後1〜2ヵ月にもなると遺体の腐敗は進み、遺体のいたるところには無数のうじ虫やゴキブリ、死臭が充満した部屋には多数のハエが飛び回り、遺体の形に沿うように床に染みができます。
自殺であったり、徐々に衰退していったり、脳梗塞や脳溢血、心筋梗塞によるものなどがありますが、現場は息をのむような惨劇さであり、到底平常心ではいられるものではありません。

変死の場合、警察も来ることがありますが、大家は家族や親族に連絡して来てもらうようにし、その後の整理や処理を依頼するのが一般的です。
しかし、上記のような状態で「はい、わかりました」と言い、遺品の整理をし、部屋を復元できるかと言われれば誰でも答えはNOとなるのではないでしょうか。
家族なんだからとか親族だからとかそういう話以前の問題で、この惨劇の状態で遺族の方が正常な面持ちで行動ができるかと言えばどだい無理な話だと思われます。
整理 雲2そういう場合は、遺品整理業という仕事を営む会社に依頼するのがベターではないでしょうか。
無料で見積もりをし、その後に遺品の仕分けと梱包を行い、遺品を野外に出し、部屋の清掃(消臭・消毒などを含む)、形見分けの品を遺族に配送するというのが主なサービス内容となっています。
故人が使用していた衣類などの品は、寺院から僧侶を呼び会社にて供養してくれるところもあるようです。
遺品をただ単に処分するのではなく、丁寧に整理することをこころがけている業者さんが多いです。

故人の残していった物を大事な形見分けの品、貴重品、買取品、不用品などと分類し処分します。
故人の思いが宿る大切な遺品を大事に預かり、遺族などの親族や関係者の方にお届けするのが遺品整理サービスの根幹でもあります。

基本的には遺族の方などの関係者が立会いのもと行いますが、依頼主の方の都合が合わない場合などは会社側が責任を持って対応してくれます。
特に脱臭や除菌などの作業がともなう特殊清掃を行う場合は、故人宅周辺の方に不愉快、不憫な思いを与えないよう素早い対応を行ってくれます。
遺品整理業のモラルを一定に保つためにも、遺品整理認定協会では認定試験を実施したりし、業界の安定化、健全化に努めています。
お一人で悩まず、まずは相談するところから始めてみてはいかがでしょうか。
きっとよりよい選択肢が貴方にあらわれることと思います。
整理 雲

Copyright(C)2014 遺品整理サービスを利用する All Rights Reserved.